スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SWAMP RATZ "STYLE OF CONVICTION!!"

Swamp Ratz

SWAMP RATS "STYLE OF CONVICTION!!"


自分が、ロカビリーと出会って、早10年余り。最初の始まりは、パンクからの流れでサイコビリーだった。その当時、地元のレコード店に足しげく足を運び、片っぱしからネオロカ・サイコのLP盤を買い漁っていた。
その当時持っていたのは、図らずとも80年代のネオロカ、初期型サイコビリーのレコードがほとんどだった。(茨城という田舎のため最新版の新品LPはあまり入荷がなかった。)BATMOBILEやRESTLESS、GUANA BATZ etc…..などのずば抜けたカッコよさは、僕をロカビリーの世界に引き込むには十分すぎた。

そして、あれから約10年、地元茨城からは遠く離れた静岡を中心に活動中のSWAMP RATZのCDが手元にある。このCDを聴くと、10年前のあのキラキラしたようなワクワク感というか緊張感に似たような高揚感を感じずにはいられない。

ロカビリーを消化し、よりアグレッシブに激しく進化させた80年代のロカビリー。ロカビリーと別物でもなく、まさに進化と呼ぶにふさわしい、あのバランス感が大好きだ。そのバランス感を実践しているのが、このSWAMP RATZだろう。RESTLESSやBATMOBILE直系の刺さるようなギター、FRENZYのような存在感のあるスラップベース、甲高く際立つドラム。。。。そういった80年代のロカビリーの特徴をよく捉え、さらに自分たちの解釈をプラスし、絶妙なバランス感のあるCDになっている。



EAGER BOY

スポンサーサイト

今日は久しぶりに…。

音楽ネタで行きましょうか!!

SMOKESTACK LIGHTNIN'

いまいち、日本ではなじみが薄いですが、本国ドイツではメジャーからもリリースのあるバンドです!!
ボーカル&ベースが、元HBC(HOT BOOGIE CHILLUN)と言ったほうがなじみやすいでしょうか!?
このバンドを知ったきっかけは、なんだったけなぁ~
う~ん…

そうだ!!

もともとPAUL ANSELL率いるNUMBER NINE、BLUE RHYTHM BOYSが大好きで、ON THE HILL RECORDSから出ていたROCKABILLY MAGAZINE内でKAYOさん(面識が全くないのにお名前出してしまってごめんなさい)が「NUMBER NINEが好きな人はおすすめ♪」って紹介してて、気になって聴いたのが最初

記憶があいまいなので、間違っていたら申し訳ございません…。


とまぁそれからどっぷりなのですが、最初買ったのは、
images.jpg
「SOULBEAT」
WITCTCRAFTから、LP・CDどちらも出てます!!
すごくROCK色の強い感じで、ドつぼですごいHEAVYに聴いていました
なぜかその後LPもゲットしました(笑)

その直後に、ベルギーのThe SeatsniffersとのカップリングCDが発売。
smokestack-seatsniffers-roadmasters-cd.jpg
ON THE HILL RECORDSに入荷し、即ゲット&聴いたらかっこよさに卒倒
(後にThe Seatsniffersも集めました。)

そしてそして、それでも聴き足りず、をゲット♪
日本では全然見かけなくて、海外の大手からなんとかゲット♪
smokestacklightningmoderntwangcd.jpg
IMG_0607.jpg

上が、メジャーリリースのCD、したがIF I REALLY BUG YOUとFUNNEL OF LOVEのシングル。
このCD「MODERN TWANG」は、前述のSOULBEATからの抜粋、IF I REALLY BUG YOU収録で一押しです!!
IF I REALLY BUG YOUは本当に大好きで、毎回DJでプレイしています!!
もうイントロからやばいっす
そういえば、NYでかけた時も、(イギリスの方なのかな!?)すごく喜んでくれたお客さんがいらっしゃいました


その後も、好きでいると出会いというものがありますね~♪
大阪に行った時のこと、リンクにもある、OLD HAT GEARにDIGしに行ったのですが、岡田君とたまたまSMOKESTACK LIGHTNIN'の話をしていると、うちにもシングルありますよってだしてきてくれたんです!!
それが、
IMG_0608.jpg
「THUNDER ROLLS」
です!!
おそらく1stシングルになるのかな。
見かけたことが全くなかったので、即購入!!
哀愁ただよう素敵なナンバーです
にしても声がすごくいい♪

smokestack-seatsniffers-roadmasters-cd.jpg
にも、収録されていますが、ver.が違います!!
個人的には、シングルver.のが好きかなぁ


<余談>
音楽って、すごくいいですよね。
ある曲、あるアルバム…
なんかそれを聴いてた時の切なかったり、辛かったり、うれしかったりもろもろの自分の感情、周りの光景、空の感じとか光の感じとかそういった自分の身の回りのすべてを真空パックしてくれるんですよね。
写真や動画ももちろんそのためのツール何でしょうけど、僕は断然音楽なんです。

「MODERN TWANG」はまさに、その一枚なんです。
その時、僕はいろんなことですごく辛くて、それでも元気を出さなきゃいけなくて、大切な何かを失いそうになっていて…。なにがなんだか分からなくなっていたときに聴いていた一枚でした。このアルバムを聴いて元気を出しなんとか乗り切ってきました。僕にとっては、パワーをくれる大切なアルバムです。


THE BACKBEATS 「HOW ABOUT TONIGHT」

THE BACKBEATS

今回はMODERNな音源で行ってみましょう
イギリスのMODERN ROCKABILLY BLUESバンドでございます。
このバンド結成は1995年。Nervous RecordsからもEP、CDアルバムをリリースしてます。
80'sっぽさもまだまだ残っていますね!
HOT BOOGIE CHILLUNやDESPERADO 5が好きな人はストライクなんじゃないかな?
2SIDERおすすめ!!


[VOON] THE BACKBEATS-HOW ABOUT TONIGHT

最高のBLUES BOPPER


[VOON] THE BACKBEATS-INJECT YOURSOUL

PLAYBOYSっぽい♪


あっあとなんか近いバンドがいたよなぁなんて思っていたらですね!!




MODERN ROCK'N'ROLL

たまには、MODERNものを!!

最近、知ってCD探して、なんとかGETした一枚。


album_t99_vagabonds.jpg

T-99

詳しいことはよくわかりませんが、BLUESの要素が詰まっていて、つぼを刺激されました。

とくに↓のSUNという曲が好き。




また“DRUNK”という曲を聴くと(myspaceで聴けます)、↓を思い出します。

DAVIE ALLAEN AND THE ARROWS/ BLUES THEME






テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。